子宮内膜症で一度も妊娠徴候はなかったが光線治療で妊娠出産|総持寺 バランス整骨院

子宮内膜症で一度も妊娠徴候はなかったが光線治療で妊娠出産

2017年9月26日 : 不妊症,光線治療

37歳/女性/高齢出産

「症状の経過」

30歳頃より子宮内膜症のため不正出血、月経痛、腹痛があり、婦人科で半年間ホルモン治療を受けた。

35歳で結婚したが、子宮内膜症のため一度も妊娠の兆候はなかった。

37歳のとき、子宮内膜症と不妊治療のため当診療所を受診した。

「治療の経過」

自宅で光線治療を行った。

光線治療により、子宮内膜症による不正出血が少なくなり、腹痛が軽減してきた。

生理時の痛みは強いが、痛みの持続時間が短くなった。

光線療法だけを続け2年後に妊娠した。

妊娠中も光線治療を継続し、無事、女児を出産した。

「光線治療」

3001-4008番の治療用カーボンを使用し、両側裏部10分間、両足首部、両膝部、腰部、左右下腹部各5分間、陰部20分間、後頭部5分間照射

(可視総合光線療法 理論と治験 参照)

基礎体温が正常になり生理不順が解消

2017年9月26日 : 不妊症,光線治療

25歳/女性/(身長162cm 体重58kg)

「症状の経過」

22歳のとき結婚。1年後妊娠反応あったが胎児が育たず流産し以後妊娠しなかった。

産婦人科では卵巣、子宮の発育不全と診断されていた。

ホルモン剤治療は、副作用が強く続けることができなかった。

冷え性だが暑がりで、運動不足のため結婚後7kg太った。

義母の紹介で当診療所を受診した。

「治療の経過」

自宅で光線治療を行った。

治療2週間後になっても変化がみられず、左右咽喉部各5分間追加し治療器2台で治療した。

以後、からだが温まり2回あった夜間尿がなくなり朝まで熟睡できるようになった。

治療3カ月後、基礎体温が正常になり生理不順が解消した。

治療4カ月後に妊娠反応が確認された。

妊娠中も治療を継続しつわりもなく胎児の発育も順調で予定日に元気な男児を出産した。

「光線治療」

3001-5000番の治療用カーボンを使用し両足裏部、腰部、左右下腹部各10分間、両膝部、後頭部各5分間照射。

(可視総合光線療法 理論と治験 参照)

腰の冷え感も解消し妊娠出産

2017年9月26日 : 不妊症,光線治療

33歳/女性/初産

「症状の経過」

27歳で結婚し29歳のとき妊娠したが妊娠3カ月で流産した。

その後妊娠の兆しがなかった。

元来下肢や腰の冷えが強かった。

産婦人科の検査を受けたが特に異常はなかった。

夫にも不妊についての異常はなかった。

親の勧めで当診療所を受診した。

「治療の経過」

自宅で光線治療を開始し、からだが温まり腰の冷えも解消した。

治療6カ月目に妊娠し、妊娠中も光線治療を継続し、元気な男児を出産した。

「光線治療」

3001-5000番の治療用カーボンを使用し両側裏部、両足首部各10分間、

両膝部、腰部、左右下腹部、背正中部、後頭部各5分間照射

(可視光線療法 理論と治験)

生理周期が順調になり妊娠し出産

2017年9月26日 : 不妊症,光線治療

28歳/女性/初産

「症状の経過」

24歳で結婚し、25歳のとき妊娠したが3カ月で流産した。

もともと冷え性、生理不順、生理痛があり基礎体温が全体に低いが産婦人科で種々の検査を受けても特別な異常はなかった。

友人の紹介で当診療所を受診した。

「治療の経過」

自宅で光線治療を1日1回行った。

光線治療によりからだが温まり、生理の周期が順調になり生理痛も軽減した。

治療1年3カ月目で妊娠し妊娠中も光線治療を継続し、元気な男児を出産した。

「光線治療」

3001-4008番の治療用カーボンを使用し両側裏部、両膝部、腰部各10分間、左右下腹部、後頭部各5分間照射。

(可視総合光線療法 理論と治験 参照)

 

子宮筋腫をともなう妊娠

2017年9月25日 : 不妊症,光線治療

35歳/女性/第2子出産

「症状の経過」

27歳の時に妊娠。

妊娠中毒症のため予定より早く人工的に出産した。

その後2回流産し、以後なかなか妊娠できなかった。

35歳のとき、腰痛がひどく診察を受けたところ手拳大の子宮筋腫と診断された。

どうしてもあと1人欲しくて光線治療を始めた。

「治療の経過」

約6カ月間の光線治療で妊娠が判明した。

高齢で子宮筋腫、高血圧があり、切迫流産の兆候もあったため妊娠してからは負担のない生活に配慮した。

つわりよりも軽く妊娠は順調に経過し、予定より10日早く自然分娩で無事男児を出産した。

「光線治療」

3001-4008番の治療用カーボンを使用し両足裏部、両膝部、腰部を各10分、左右下腹部、陰部、後頭部各10分間照射。

肝臓病をともなう妊娠

2017年9月25日 : 不妊症,光線治療

38歳/女性/第2子出産

「症状の経過」

33歳の時、流産後に急性肝炎になり、1年間入院。退院後1年間は肝機能に変動がみられたがその後数値は正常。

しかし、超音波検査では慢性肝炎が認められていた。

また流産後に子宮内膜症の症状があり、妊娠は諦めていたが、38歳で妊娠した。

慢性肝炎があり、第2子の妊娠継続、出産への不安感が大きかった。

「治療の経過」

毎日自宅で光線治療を続けた。心配していた肝機能の異常はなく、妊娠の経過も順調であった。

第1子妊娠のときのような重い妊娠中毒もなく、予定より2週間早く男児を出産した。

「光線治療」

3001番ー4008番の治療用カーボンを使用し、両足裏部10分間、両膝部、腰部、左右下腹部、肝臓部、背正中部、各5分~10分間、後頭部5分間照射。

前置胎盤をともなう妊娠

2017年9月25日 : 不妊症,光線治療

30歳/女性/初産

<症状の経過>

妊娠3カ月に入った所で出血があり、入院検査で前置胎盤の診断を受けた。

この様な状態での出産に不安を感じ退院後より光線治療を始めた。

<治療の経過>

光線治療開始1カ月後の妊娠4カ月検診の結果、胎盤は上方に上がっており出血跡が血腫になっていた。

治療2カ月後の5カ月検診で、胎盤の位置は普通よりも低いが出血もなく、前回みられた血腫は吸収されていた。

胎盤の不安がなくなりつわりもひどくならず、予定日に自然分娩によって無事に女児を出産した。

<光線治療>

3001-5000番の治療用カーボンを使用し両足裏部、両膝部各10分間、腰部、左右下腹部各5分、

陰部10分間、背正中部、後頭部、各5分間照射

みなさん調子がいいです。

2016年4月17日 : 不妊症,光線治療

今日は先週、逆子でお悩みだった方に自宅での体操を教えていたのですが、4日後、産科に行くと「治りました」と連絡を受け、ほっと致しました。

さてこれとは別に今月は今日まで3人の方が妊娠された報告を聞いています。

ここでの施術だけでなく自宅で妊娠力を高めることを実践して頂いてることが良い結果を出してると思います。

不妊治療を病院以外で受けている方は、研究熱心な方が多く、食事や、鍼灸治療、漢方、サプリメント等取り入れてる方がおられます。

当院では「光線療法」といって、私がどうしても取り入れたかった機器ですが、この地域で専門的にされてるところも少なく、様々な症状に適応するものであります。

痛くもなくぽかぽかと温まる感じでベッドに横になっているだけです。

その原因が冷えや子宮の問題に対しても、この光線療法には効果が期待できますので、不妊でお悩みのある方は微力ではありますが力になりたいと思います。

ご相談はお気軽に。

『エリア』大阪市 茨木市 高槻市 吹田市 摂津市 枚方市 豊中市 箕面市 池田市  守口市 門真市 交野市 島本町 能勢町 豊能町 大東市  寝屋川市 四条畷市

1 / 1